TOPICS

TOPICS

最新更新日:平成29年9月29日 一覧

中小企業等経営強化法に関する証明書の発行(改訂)[ 平成29年4月以降に取得する機械・装置等が対象 ]

一般社団法人日本産業用無人航空機工業会(JUAV)では、平成29年4月7日より、ドローン等の無人航空機を対象とした証明書の申請受付を開始しました。ご希望される製造業者等は、以下のガイドラインに従ってお申込み下さい。

中小企業等経営強化法に関する証明書発行ガイドライン(201704改訂)
  • 1. 工業会証明書の取得から税務申告の流れ

    ※1 当該設備の性能把握や同一メーカー内の新旧モデルの判別が必要であるため、設備メーカーによる申請が望ましいが、代理店や子会社等で正確な申請が可能な場合は、設備メーカーに代わって申請する事を可とする。 ※2 設備メーカー自身がその工業会の会員であるか非会員であるかに依らず、設備毎に証明団体として指定されている工業会等へ申請する事。(どの工業会等に申請すべきかは、経済産業省HP参照。)

    【証明書発行の手続き】

    • ① 中小事業者等は、当該設備を生産した機器メーカー等(以下:設備メーカー)に証明書の発行を依頼してください。
    • ② 依頼を受けた設備メーカーは、証明書(様式1)及びチェックリスト(様式2)に必要事項を記入の上、当該設備を担当する工業会等へ申請してください。

      ◆工業会指定用紙(様式1)

      ◆チェックリスト(様式2)

      ◆エビデンス(必要に応じて裏付けとなる資料)

      ◆非会員の場合は、会社概要(パンフレット等)

      ◆返信用封筒同封(切手貼)

      ※様式1、2は当工業会ホームページからダウンロードできます。書式ダウンロード

    • ③ 工業会等は、証明書の発行にあたり証明書及びチェックリストの内容確認の上、設備メーカーへ証明書を発行。(証明書コピーとチェックリストは工業会保管、月度発行実績報告)
    • ④ 工業会等から証明書の発行を受けた設備メーカーは、依頼があった中小事業者等に証明書を転送します。
    • ⑤ 中小事業者等は、④の確認を受けた設備について、経営力向上計画に記載し認定を受けることができます。
      手続きに際しては、経営力向上計画の申請書に、④の証明書のコピーを添付する必要があります。
    • ⑥ 認定を受けた経営力向上計画に基づき取得した経営力向上設備等については、税法上の他の要件を満たす場合には、税務申告において税制上の優遇措置の適用を受ける事が出来ます。
    • ⑦ 認定設備取得
    • ⑧ 税務申告に際しては、④の証明書、⑤の申請書及び⑥の認定書(何れもコピー)を添付してください。

  • 2. 要 件

    事前に本制度の要件を満たしていることを十分に確認した上で、申請してください。

    (要件)

    • ① 販売開始から一定期間以内であること。(最新モデルでなくてもよい)

      機械・措置:10年、工具:5年、器具・備品:6年、建物付属設備:14年

    • ② 当該モデルが1世代前のモデルと比較して、年平均1%以上の生産性向上を達成していること。なお、比較するのは自社の1世代前のモデルであり、他社製品と比較する必要はありません。 ※NEWモデルの場合は、当工業会までご相談ください。
    • ③ 取得価格が一定金額以上であること

      機械・措置:160万円、測定工具及び検査工具:30万円、器具・備品:30万円、建物付属設備:60万円

  • 3. 対象期間

    「固定資産税半額」は、平成28年7月1日から平成31年3月31日の間に取得した機械・措置が対象となります。

    「税額控除又は即時償却」は、平成29年4月1日から平成31年3月31日の間に取得した機械・措置が対象となります。

  • 4. 郵送先

    〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500 一般社団法人日本産業用無人航空機工業会 0538-32-2517 0538-37-4259

  • 5. 証明書発行手数料

    正会員:1,000円(税込み)

    非会員:5,000円(税込み)

    ※証明書を申請者へ郵送する際、請求書も同封いたします。

Q & A
書式ダウンロード